便利な住居用洗剤でいつも自宅はつるつるピカピカ

主婦

残留農薬やワックスを除去

野菜

野菜を洗剤で洗うことは驚くようなことではありません。スーパーで売られている野菜や果物には残留農薬やワックスが付着しているものも多いのです。食品に使える天然素材でできた洗剤を使って赤ちゃんやお子様も安心できる食卓にしましょう。

Read More

掃除の基本となる洗剤

洗剤とふきんを持つ人

掃除をするための工夫

家の掃除には住居用洗剤を使用してキッチンやお風呂、トイレといった場所を綺麗にします。住居用洗剤はそれぞれの役割があるため、その場所に合わせて選択する必要があります。ドラッグストアやスーパーで売っている商品はトイレ用やキッチン用など書かれているので間違えることはありませんが、どの商品がどの程度の洗浄力があるかは使ってみなければ分からないものです。キッチンの油汚れなどは溶かして取るタイプの住居用洗剤が得意とするものですが、それだけで全てが解決するわけではありません。油はぎとぎとに付いているので、溶けやすいように人肌かそれより熱めのお湯を使用するなどの工夫も必要です。食器洗いや衣類の洗濯、その他にも様々な用途で使われるので、その性質を知って利用することになります。

種類を見極める

掃除の基本となる住居用洗剤は大きくアルカリ性、中性、酸性の3つに分けることができます。水素イオン濃度によって分けられるそれらの特性は、中性であれば素材に影響が少ないですが洗浄力が弱く、逆にアルカリ性や酸性の濃度が中性から離れるほど洗浄力が高くなります。中性は素材への影響が少なく人間の肌に近い性質を持つため、洗浄力が弱くても普段から肌に触れるようなものにとって最も適したタイプとして、衣類などの洗濯用に使用されるのが一般的となります。アルカリ性はレンジフードや換気扇にこびりついた酸化した油汚れを分解する力があるので、基本はキッチンでの掃除に役立つタイプです。酸性は時間が経ってこびりついた物質を溶かす性質から、便器の黄ばみや尿石、水垢や石鹸かすなどを落とします。従ってトイレやお風呂などで役立つタイプとなります。

どこでもきれいにできる

ふきん

あっちこっちふきんは洗剤を使わずして、様々な場所のお掃除をすることが出来るので、経済的でもあり環境にとても良いです。あっちこっち付近は薄手のもの、厚手のもの、手袋タイプのものなど、様々なラインナップがあります。

Read More

余分なものを落とす

女の人

野菜や果物についた農薬やワックスを落とすには、流水で流したり、重曹やお酢を使用する方法があります。野菜専用の洗剤もあり、天然成分で洗うため安心です。皮ごと食べることができるので栄養もとることができます。

Read More